COCO 2017 風のルージュ 750ml

商品番号 50021
(0point)

↑ ↓

名称果実酒
保存方法直射日光・高温多湿の所をさけて保存してください。開封後は冷蔵庫に入れてください。
販売者(有)ココ・ファーム・ワイナリー 〒326-0061 栃木県足利市田島町611

ココ・ファーム・ワイナリー COCO 2017 風のルージュ 750ml

ココ・ファーム・ワイナリー
2017 風のルージュ 750ml

「風のルージュ」は、ツヴァイゲルトを主体にした赤ワインです。

1970年代、ウイーン郊外の修道院から北海道にツヴァイゲルトの苗がもたらされ、今ではこの品種のワインが北海道を代表する赤ワインとなりつつあります。

冷涼な気候を反映した若々しく豊かな果実味とフレッシュな酸と程よい渋味が身上のこのワインは、飲み応えも十分。日本の赤ワインの可能性を存分に感じさせます。

●2006ヴィンテージを北海道洞爺湖サミットにて、2014ヴィンテージをJAL国際線ファーストクラスラウンジにてご採用いただきました。

◆自家醸造

相性の良い料理

ローストビーフやマグロのカルパッチョ バルサミコソース、ジャンボン・ペルシエ、鹿肉のステーキ 黒胡椒風味ソース、ブリしゃぶ、トマトと牛肉のオイスターソース炒め、ブリーなどの白カビのチーズ、グレープフルーツのジュレ、ブルーベリーのタルト
相性の良い料理
相性の良い料理
相性の良い料理

COCO 2017 風のルージュ 750ml

ココ・ファーム・ワイナリー

ココ・ファーム・ワイナリー

  1. 開墾60年の葡萄畑
  2. 平均斜度38度!急斜面の山を開墾
  3. 自然に寄り添ったワインづくり

1. 開墾60年の葡萄畑

開墾60年の葡萄畑

ココ・ファーム・ワイナリーの東の急斜面の葡萄畑は、1958年、当時の足利市立第三中学校職実クラスの中学生たちとその担任教師・川田昇によって開墾されました。

現在は、こころみ学園の葡萄畑として、ココ・ファーム・ワイナリーのワイン用原料葡萄を育てています。

2. 平均斜度38度!急斜面の山を開墾

この葡萄畑は平均斜度38度。上の方は42度という急斜面です。

南西向きで陽あたりがよく、急斜面のため水はけもよく、葡萄にとってはなかなか良い条件でした。

ジュラ紀の地層であったことや、松が自生するようなどちらかというと貧しい土壌であったことも、葡萄がしっかり実を付けるために大事なことでした。

平均斜度38度!急斜面の山を開墾

3. 自然に寄り添ったワインづくり

自然に寄り添ったワインづくり

自家畑では化学肥料や除草剤は一切使わず、醸造場での醗酵も天然の野生酵母や野生乳酸菌が中心です。

山の胎内に夏涼しく冬暖かいセラーをつくったり、太陽光発電の設置や、ワインを絞った後の果皮や種の再利用など、設備面や環境面でも自然をとりいれたワインづくりを心がけています。

このワインについて

テイスティング・コメント

色合いは、黒みがかったルビー、エッジは赤紫色。カシス、ピンクグレープフルーツ、黒胡椒・赤胡椒、焙煎したコーヒー豆の香り。口当たりはなめらかで、フレッシュなピンクグレープフルーツの酸味主体の軽快さのある味わい。カカオのような苦味もあり、後口を引き締めている。アフターに、香木のような香ばしさもある。

料理との相性

ローストビーフやマグロのカルパッチョ バルサミコソース、ジャンボン・ペルシエ、鹿肉のステーキ 黒胡椒風味ソース、ブリしゃぶ、トマトと牛肉のオイスターソース炒め、ブリーなどの白カビのチーズ、グレープフルーツのジュレ、ブルーベリーのタルト

飲み頃

今から2〜3年は、フレッシュな果実味のある味わいが続くだろう。いい状態で熟成させれば、向こう7年は熟成できる。

保存方法

直射日光・高温多湿の所をさけて保存してください。
開封後は冷蔵庫に入れてください。

有料ギフトボックス/熨斗サービス

有料ギフトボックス

ギフトでのご利用の際に、受取人様により喜んで頂けるよう、有料ギフトボックスをご用意しております。

有料ギフトボックス1本用 +300円
有料ギフトボックス2本用 +350円

ギフトボックス2本用と熨斗サービスをご利用いただいた際の梱包例です。クッション材で大切に梱包して発送致します。

クッション材梱包例